子育てのイライラ・悩み・疑問を解消したい時は育児本からヒントをもらってます!

今日は、私が子育てでイライラしたり、悩んだ時に頼りにしている育児本の話をさせてください。

その前に、どんな風に私が娘の育児に悩んでいるか聞いてもらってもいいでしょうかぁ~~~(१﹏१)

 

1. 娘、言うことを聞きません( ;´Д`)

 

先日の多摩動物公園での出来事です。

これは、個性といえば個性なのかもしれないですが、ダメだよ〜って言っても、聞こえてるのか聞こえていないのか、自分の思うがままに突き進んでいってしまう娘…

来園が多い連休の日に動物園に行ったので、1人でスタスタ行かないで〜と言っても、テンションが上がってしまってるのか、あっちへふらふら、こっちにふらふら…

一方、お友達の子供といえば、ママの隣で手をつないで歩いてましたよ(°_°)

 

うちの娘とは大違い!  こりゃ、どういうことなんですか??

聞いてみると、ママと離れてしまうことの方が大変なことっと、本人が認識してるみたいでね〜っと言ってました。
確かに、ママの姿が少しでも見えないとママは?と聞いてきましたので。迷子にでもなったら、大泣きして大変なんだよぉ〜って言ってましたね。

うちの娘はといえば、ママが見えなくなっても、ぜんぜんへっちゃらなんだと思います。いないなぁ〜って、また遊んじゃうかも。

私はどちらかといえば、友達の子供みたいに、親とはぐれたら大変!心細くなって泣くタイプの子供だったと思うのですが、子供ってみんなそんなもんなんだと思っていたんですけど、そうでもない子供がいましたよぉ〜( ;´Д`)

迷子になっても泣かないので、誰も娘が迷子になっているやんて気づかないんです。

というか、娘本人も自分が迷子だなんて思ってない…(⑅∫°ਊ°)∫

そんな度胸のある娘なので、こっちがハラハラしてしまいます。

 

 

2.迷子で店内放送をかけてもらった過去…

家から大人が歩いて10分のスーパーから1人で帰宅したことがあるんです(>_<)

経緯は、

主人と私と娘で、近所のスーパーにクリーニングとちょこっと買い物に出たんです。

はじめにクリーニング屋さんに行くも少し混んでいたので、娘を主人に任せて私は買い物にいったんです。

その後…買い物途中の私のところに来たのは主人だけ。

あれ?娘は?っと聞くと、

「行くよって言っても言うこと聞かないから置いてきた」というのです。

えぇ??なんでそんなことするんだよ…ってまったく…ε-(´∀`; )とあきれて、クリーニング屋さんの前に行ってみたのですが、やっぱり娘がいない…

「その辺にいるよ」っという主人の言葉を鵜呑みにして、とりあえず、会計。

その後、店内中をあちこち探してみたのですが、娘の姿は見当たらず…だんだん、私の気持ちも緊迫してきてしまい…まさかこんなところで人攫い?とかないよね?このまま帰ってこなかったらどうしよう…っと(°_°)

もしかしたら、自宅に帰った?っという線も否めなかったので、家にいた義母に連絡するも、いないよっという返事。。。

もうこれは店内放送してもらうしかない!って思ってお願いしました。

それでも、まだ、見つかりません…( ;´Д`)

っと、、その時、義母から電話が!

子供の声が聞こえると思って開けたら、Kちゃん(娘の名前)だったよ〜っと。

帰ってきた時の様子を聞くと、泣いてたりはぜず、ただいつもと変わらない感じで、パパとママに置いて行かれた…っと話していたらしいのです(°_°)

本当に生きた心地がしなかったというのは、このことですよ。

無事に帰ってきたから良かったものの、1人で帰宅してしまうなんて、本当に困りものでした。。。

 

 

3.約束が守れません

言うことを聞けないと似てるのかもしれないですが、約束を守れないことにやきもきしてます。

最近は、TVに夢中で、夕飯を1人食べなかったり、お風呂も遅くなったりと、本当に手を焼いてます(>_<)

娘の見たいというら気持ちもわかるので、「じゃ、そのTVが終わったらやろうね!」っと約束するのです。自ら約束する時もあるのに、都合が悪くなると、あと30分したら…などと、どんどん伸ばします。

TVを消してしまおうものなら怒って、自分で消す!というのですが、なかなか消せず…

いい加減、大人も堪忍袋の緒が切れますよね…

そんな感じで、今でも相変わらず、娘には手を焼いてます。

うちは、ケーブルTVでアニメチャンネルがいくつかあるので、約束を守れない娘には、それ、本当によくない。

明日から脱TVにしてしまおうか…と思案中です。

iPad もやめれないという理由で、娘には貸すのをやめ、ついにはTVまできてしまいました…( ;´Д`)

 

 

こんなこと、子供ならよくあることなのかなぁ~~??

上に書いたことなんて、娘の行動のほんの一部です。

毎日、いろんなことに悩まされてま~~~す。

 

子育てにイライラしたり、悩んだら。。。私はこの育児本を読んでます。

最近、本を読む時間もなく忙しくしてるのですが、子育てでイライラしたり、悩んだ時は、勝手ながら私の子育てバイブルにしている東ちひろさんと保育士とーちゃんこと須賀義一さんの育児本を読んでいます。

今回、また再読の時期がきたかもしれません。。。(१﹏१)

image ★東ちひろさんの本

★保育士おとーちゃん須賀義一さんの本

どちらの本も育児で困ってる時、どんな風に子供を育てていくといいのか。。。っていうヒントを教えてくれます。
二人とも共通してること、それは甘えさせることの大切さを書いています。

東ちひろさんの本の感想をこちら↓に書いてます。

甘えさせて、心を満たしあげると、どんどん育てやすくなるという東ちひろさん。
甘えさせると甘やかすの違いなど、子育てで一度は思う疑問の答えやヒントを見つけることができると思います。
関連記事;子育てのイライラや悩む原因を解消!東ちひろさんの育児本のおススメ♪

保育士おとーちゃんの本の感想をこちら↓に書いてます。
子育てが大変で。。。っと悩んでいた時に、子育てが少し楽になる、好転するとっておきの方法やヒントがもらえました。

関連記事;反抗期の子どもの育児でイライラ!原因や解消法を保育士おとーちゃん本で学ぶ

 

 

今、気になってる育児本

東ちひろさんの本を読んでから、すっごいファンなのですが、
2016年2月に最新本「[1歳~6歳]9割は「叱ること」ではありません」が出版されているんですね~~。
(PHP出版)

今のところ、購入がPHP出版のHPのみっぽいのですが、とっても気になる一冊です。
内容はこんな感じ。。。

【目次】
【PART1】つい叱りすぎてしまうママに伝えたいこと
・「ムダ叱り」を防ぐために
・叱らないでしつけはできるの?
・「叱る」と「怒る」はどう違う?
・「甘やかす」と「甘えさせる」は違う
・叱らなくても済む子育てって?
・行為を叱る
・できなくて当たり前、できたことを喜ぶ
・子どもの気質によっては苦手なこともある
・すぐに叱らず、信じてほめ続けること
・子どもを叩いてはいけない理由
・子どもの心を安定させるココロ貯金
・ココロ貯金が貯まるとこうなる
・マイナスのふれあいは少なめに
・ココロ貯金の3つの法則とは
・子どものやる気と自信を引き出す7つの方法
・やってはいけない! 子どもの心が不安定になるママの行動
・怒りがどんどん消えていくコツ

【PART1】[1歳~6歳]成長に応じた接し方
《1歳児の特徴》自由に動けるようになって、危なっかしい1歳児
(CASE1)食べ物で遊ぶようになって、困っています……
(CASE2)洗面台で水遊びをするので「やめて!」と叫びたい
(CASE3)タンスから大切なものを取り出しぐちゃぐちゃに……
(CASE4)激しいかんしゃくに悩まされています……

《2歳児の特徴》イヤイヤ期到来! 自己主張が増える2歳児
(CASE1)早くおむつを外したいのに、なかなかトイレに行かない!
(CASE2)なんでも「イヤ!」「イヤ!」もうヘトヘトです……
(CASE3)晴れの日も、雨の日も、毎日外に出たい! とねだられます

《3歳児の特徴》やりたいことは増えるけれど、気持ちは理解できない3歳児
(CASE1)片付けのできない息子、どうしたらいいでしょう?
(CASE2)自分でできることなのに「ママやって」と言うように……
(CASE3)おばあちゃんにおねだりする娘。どうしたらいいでしょう?
(CASE4) ダラダラと食べ、好き嫌いが多い息子が心配です……

《4歳児の特徴》口達者で生意気、でもまだまだ甘えん坊な4歳児
(CASE1)幼稚園登園時に、私から離れようとしません……
(CASE2)上の子が私にかくれて下の子を叩くことがあります……
(CASE3)意見がコロコロ変わる娘が、許せません!
(CASE4)順番を守れない息子、しつけができていないと思われる?

《5歳児の特徴》情緒も言語も発達し、なかなか手ごわい5歳児
(CASE1)指しゃぶりと爪かみがなおりません……
(CASE2)マイペースなわが子にヒヤヒヤします……
(CASE3)私のことを叩いたり蹴ったりしてきます……

《6歳児の特徴》 理屈っぽくなるけれど、心は不安定な6歳児
(CASE1)男の子同士のきょうだいゲンカで困っています……
(CASE2)落ち着きのないわが子に怒鳴ってばかりです……
(CASE3)パパが息子にガミガミ言うので困っています!

そして、もう一つ。。。

「言うことを聞かなくなってきた子」の育て方 思春期に入る前に知っておきたいこと(2012年出版)も気になります。。。
これは少し大きくなってからの子どもの対応って感じですかね~~。でも、うちの上の子も遠からず。。。という感じなのでメモです。

【第1章】思春期のことを知っておこう
◆言うことを聞かなくなってきた子どもたち
・子育てもバージョンアップが必要です
・反抗が起こるのはなぜ?
・「ココロ貯金」を見れば、子どもがわかる
・いままでの子育ての答えが出るとき
・生意気口調はプラス二歳、甘えたいときはマイナス二歳
・反抗の度合いが違うのはなぜ?
・第二次反抗期の特徴
・第一次反抗期と第二次反抗期の関係
・手がかかる子は、手をかけてほしい子

◆お母さんの心構え
・お母さんの心も大きく揺れる時期
・いまからでも遅くない
・だんだんと手を放していくのが基本
・一人の人として尊重する
・しっかりと反抗をさせる

【第2章】子どもをぐんぐん伸ばす5つのステップ
〈ステップ1〉ココロ貯金理論
・「ふれあいのプラス行動」と「ふれあいのマイナス行動」
・ココロ貯金は、ぐんぐん伸びる子を育てる
・貯金が足りないときの反応は?
・貯金がもれるときは?
・「無条件のふれあい」が確実に子どもの自信を引き出す
・やる気と自信を引き出す「ココロ貯金箱」の4つの法則

〈ステップ2〉自身を引き出す「聞き方」のコツ
・うなずき・あいづち
・オウム返し
・8対2の法則
・全体的に味方になって子どもの話を聞く
・自慢話をどう聞く?

〈ステップ3〉簡単・確実!承認のスキル
・ほめずに認める

〈ステップ4〉話し方・伝え方・質問
・私メッセージ
・攻撃されると、向かっていくか閉じこもる
・指示・命令は、指示待ち人間をつくる
・子どもが自発的に動く言葉かけ
・それでも子どもが動かないときはどうする?

〈ステップ5〉叱り方
・叱るときは、こんなとき
・「お願い口調」で伝える
・「私メッセージ」+「理由」を伝える
・タイミングよく「具体的な行動」を伝える
・行為を注意する
・ガミガミ・クドクド・ネチネチ禁止
・正しさは、時として子どもを傷つける
・それでも、子どもが言うことを聞きません
・できることから始める
・むかしの親は、もっと厳しかったはず

【第3章】反抗する子どもと接するときのヒント
◆子どものタイプ別の認め方
・反抗期の4つのタイプ
・激しい反抗がない場合

◆反抗期をこじらせない3つの鉄則
・3つの鉄則を守れば大丈夫!
・子どもを変える極意

【第4章】Q&Aでよくわかる! あの手、この手、奥の手
質問1 食事のマナーを、しっかりとしつけておきたいです
質問2 毎朝、何回起こしても起きません
質問3 きょうだいゲンカが絶えません
質問4 片づけがまったくできません
質問5 ちっとも勉強をしません。この先が心配です
質問6 自慢話ばかりで、嫌になります
質問7 不平、不満が多くて困ります
質問8 何事にも「面倒くさい」と言って、根気がありません
質問9 遊びに行くと、遅くまで帰ってこなくなりました
質問10 派手な洋服を好みます
質問11 なかなかゲームをやめません
質問12 嫌なことを嫌と言えません
質問13 夫が「ココロ貯金」を目減りさせます
質問14 子育てに疲れました。子どもがかわいいと思えません
質問15 不登校になってしまいました

【第5章】思春期の子育ては試練のときです
・子育ての答えを突きつけられる
・子育てに悩む本当の理由とは
・親が変われば、子どもも変わる
・いつだって、大切なことは同じです
・子育ては、親の器を広げる作業です
・お母さん自身のココロ貯金を貯める

【関連記事】
子育てのイライラの原因は子供が育てにくい反抗期だから?!心を満たして悩み解消!
反抗期の子どもの育児でイライラ!原因や解消法を保育士おとーちゃん本で学ぶ
子育てのイライラや悩む原因を解消!東ちひろさんの育児本のおススメ♪

 

 

まとめ~子育てのイライラ・悩み・疑問を解消したい時は育児本から~

こんな風に成長してほしいっていう親の願いはそれぞれですが、怒ったり、悩んだりするのも、子供のことを思ってのことですよね。
その中で、思うようにいかなかったり、子供が言うことを聞かなかったり。。。
子育てって一人の人間。。。人格を作るんですから、そりゃ、大変なことなんですよね~~~。

でも、あきらめずに子供とちゃんと向き合っていったら、素敵な関係が作れると信じています。

手のかかるうちは親も自分のための時間も少なくなりますけど、未来への投資と思って、お互い悩みながらも頑張っていきましょうね~~~。

子供によって、性格も持ってるものも違いますよね~~。
だから、ママやパパの悩みも本当に個人差がありますよね。

うちも私と主人が子供に対して悩んでることって違うと思ってます。

子育ての先輩としてママ友や両親に相談しても、答えがでない。。。悩みが解消されないって時は、時には育児本からヒントを得てみるのはどうでしょうか??というおすすめです。

今日も頑張りすぎず、でも頑張ります。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

今日も素敵な一日をヾ(●´∀`●)

 

スポンサーリンク


↓ ランキングに参加していますv(*´∀`*)v
ポチっとありがとぉ〜♪⁎˚♫
にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る