食べこぼし、泥汚れ、油汚れ、何でもキレイに落とせちゃうオキシクリーンがすごい!

まだまだ手のかかる子供がいるとなかなか家事って行き届かないですよね~~~。

キッチン周り、特にガスフードなどの油汚れ、子供の泥んこの靴、上履き。。。なにか簡単に落とす方法はないかなぁ~~っとあれやこれや情報を集めたりしていたのですが、これぞ!!という素敵な記事を発見してさっそく実践してる私です。

最近、お気に入りのスポットライトというニュースアプリで、

オキシクリーンがすごい!という情報をゲットしましたので、みなさんにもシェアです。

 

どんな汚れにも万能に働いてくれる洗剤「オキシクリーン」

どんな汚れにも万能に働いてくれる洗剤「オキシクリーン」ということで、コストコで大人気商品らしいんです。
もちろん、ネット通販でも購入できるのですが、さすがコストコさん、5キロで1500円くらいと破格なんだそう。

 

どんな汚れにも。。。ってオキシクリーンってどんだけ万能なの?

私、ズボラなのに綺麗好きなので、実は「オキシクリーン」の存在は知っていたんです。
でも、こんなに万能なやつだったとはつゆ知らず…やたら興奮してます。

 

ガシガシこすらなくても、つけ置きするだけで汚れが落ちるんだとか

靴や洋服、マグカップ、お風呂、コンロ、換気扇と、本当にどこにでも使えるそうなんです。
オキシクリーンを使うと新品みたいにクリーンになるので家事が楽しくなるそうですよぉ~~~♥

そうなんですよね、ゴシゴシ、ガシガシして体力使うのって嫌!
つけ置きするだけで、ピッカピカになるんだったら私もマメにやってもいいかなぁ〜って思います!

 

オキシクリーンの使い方の基本

※全ての用途に通ずる内容です。とっても大事だそうです。

●お湯で粉を完全に溶かして使用する。
約40度~60度の水温で盛んに酸素を出して汚れを酸化し漂白する
20分以上の浸け置きが有効。6時間後には溶剤の有効性は無くなる

出典:コストコ通

 

スニーカーもこすらず、つけ置きだけでピカピカ

↓Before
image

↓Afterimage

出典:Spotlight

4リットルの水量に対して60グラム程度のオキシクリーンを溶かし、30分~一時間ほど浸け置きします。色おちする事もあるので、短時間、薄めの溶液で様子をみながら進めてくださいね。
ブラシで汚れを落としたら、しっかりすすいで天日干しして完了です。

オキシクリーンの粉末は40~60度のお湯でしっかり溶かしてから使います。そうすることで酸素の働きを高め、効率よく酸化漂白してくれます。

60g。。。付属のスプーン1杯=28gなので、4Lに対してスプーン2杯くらいですね。

【やってみた!】
子供の靴をやってみました~~~。さすがにつけ置きだけじゃダメだった。。。とはいえ、今までガシガシ、ゴシゴシやっても落ちなかった汚れがオキシクリーンにつけ置きしたおかげでちょっとの力でピカピカにきれいになりましたよ。もしかしたら、オキシが足りなかったかも。。。
とりあえず、オキシクリーンにつけおきする!!おすすめです。お風呂の残り湯でやったので温度が足りなかったのかなぁ~~。でも、家事の労力が減ったのでうれしい~~~♥

 

キッチン周りの五徳、魚焼きグリル、換気扇など、油汚れやコゲにも

image

出典:Spotlight

4リットルの水量に対して、オキシクリーンを付属のカップ1杯分、溶かします。
30分程浸け置きしたら歯ブラシなどで汚れを擦り落とします。
写真のように、シンクに水を溜めてしまえばバケツ要らず。一度にたくさん洗浄することができます。

五徳は超ガンコなので1回だけじゃ難しいので数回に分けて行ったほうが良いかも。塗装のある金属だと、塗装が剥げてしまうことがあるので様子を見ながら浸け置き時間を調整する。なるべく熱いお湯が効果的。

出典:コストコ通

 

洗濯槽のお掃除にも!わかめにさよなら

image出典:Spotlight

高水位まで水を張り(お風呂の残り湯を使うと便利です)、オキシクリーンを付属のカップ5杯分いれます。3分程度洗濯機を回し、3~6時間放置
再び3分ほど洗濯機を回し、浮いてきたゴミを取り除く。
3分回す→ゴミを取る→3分回す→ゴミを取るを根気よく繰り返し、ゴミが出なくなったら排水。
もう一度洗い、すすぎ、脱水をして完了です。

 

お風呂のカビや浴槽も!オキシクリーンで掃除も楽々!

image

出典:Spotlight

浴槽に半分ほど湯を張り、付属のカップ2杯分のオキシクリーンを溶かします。
風呂椅子や桶、おもちゃなど汚れの気になるものを放り込み数時間放置
頑固な汚れは擦り、ヌルつきがなくなるまでしっかり洗い流して完了です

風呂釜パイプ・配管掃除

1つ穴の釜口が見える程度~浴槽半分ほどまでの湯に対し、付属のカップ2~3杯
溶液を入れたお湯で、最高温度まで沸かしなおし蓋をして朝まで放置
翌朝、浴槽内を軽く擦った後、排水し、お風呂のスイッチを入れてすすぎ洗い。
注意:溶液が濃すぎると浴槽内の色が変わったり、お風呂の栓の表面が溶けたりすることがあるらしい。

出典:コストコ通

 

あきらめていた衣類のシミもきれいに!

普段の洗濯

分量:普段の洗濯洗い(約40リットル)の水量に対し、付属のスプーン1杯
使用:お湯で溶かしたオキシクリーンを洗剤と同じタイミングで洗濯槽に流し入れて通常洗濯
注意:汚れに応じて付属のスプーン2杯まで使用。
濃度が濃すぎると洗濯槽の汚れが出たり、洗濯物がゴワつきやすい。色落ちの危険もある。

洋服・帽子・シーツマット類など汗ジミ皮脂汚れ

分量:4リットルの水量に対し、付属スプーン1~2杯
使用:バケツで1時間ほど浸け置いた後、洗濯機で通常洗濯(手洗いも可)
注意:色落ち注意。特にキャップ帽などは染色が落ちやすいので薄めに希釈し、色分けしておく。

靴、靴下等の泥汚れ、時間が経った食べこぼしの汚れや血液等のガンコな汚れ

分量:4リットルの水量に対し、付属スプーン2~4杯
使用:バケツで1時間ほど浸け置いた後、ブラシで擦り落とす
注意:靴は色落ちの危険性がより強い為、できれば色分けがベスト。濃い色の靴は希釈を半分ほど薄めにしておく。
充分すすいだ後、天日で干す。泥汚れが強い場合、浸け置く前にモミ洗いして溶液に馴染ませておくとより効果的。

 

ワイン・ジュース・醤油など、比較的新しい染色汚れ

分量:250ccの水量に小さじ1~2杯程度
使用:溶液を直接汚れにつけ20分置く。汚れが浮いてきたら水で流しながらもみ洗い
注意:汚れが浮いたら必ず水で流してください。そのまま乾くとシミが残ります。

出典:コストコ通

【やってみた!】
娘の靴下がいっつも泥んこで普通の洗濯だけではなかなか落ちていないことがず~~っと気になっていたのですが、つけ置きしてから洗濯機に入れるとすっごい綺麗に落ちてます、幸せ~~(o˘◡˘o)

 

 

トイレタンク、便器の黄ばみ等

容量:2リットルの水量に対し、付属スプーン2杯~1カップ
使用:トイレの水たまりに流し、20分以上浸け置く。浸からない部分をブラシを使って溶液をかけながら磨き洗い。
注意:トイレ用塩素系洗剤と一緒にしないように。

 

床掃除(フローリング)

容量:4リットルの水量に対し、大さじ1杯(15g)以下
使用:バケツで溶液を作り、硬く絞った雑巾で拭き掃除。
注意:溶液が濃すぎるとワックスが剥がれるので注意。先に目立たないところで試してみることをおすすめします。白い跡が付く場合は2度拭きすること。

網戸

容量:4リットルの水量に対し、大さじ1杯
使用:バケツで溶液を作り、硬く絞った雑巾で拭き掃除。
注意:できればマイクロファイバーの使用を推奨。汚れが落ちやすく、布巾の汚れもすぐに消えるので効率的に掃除ができます。

オキシクリーンとは別のお話なのですが。。。
網戸のお掃除についての余談。。。網戸はエチケットブラシでささっと簡単にお掃除できるんだそうですよん。

窓・ガラス

容量:3リットルの水量に対し、小匙1~1.5杯程度とごく少量
使用:バケツで溶液を作り、硬く絞った雑巾で拭き掃除。
注意:こちらもできればマイクロファイバーの使用を推奨。白い筋のような跡が残ると目立つので2度拭きは必要。

壁(クロス)の黒シミ等

容量:1リットルの水量に対し、1オンス
使用:スプレーに入れて汚れに吹き付け、その後キッチンペーパーなどで湿布し、乾燥防止の為その上をラップ(もしくはプレスンシール)で覆う。20分以上浸け置きした後、擦り洗いし、濡れ布巾などで拭きあげる。

注意:スプレー内で反応が起こり膨張して溶液が逆流することがありますので、ボトルは密閉しないこと。壁紙の染みは内容によりますが、キッチン周りの油汚れやヤニ汚れなどはかなり効果があります。

エアコンフィルター、空気清浄機フィルター、掃除機フィルター

容量:4リットルの水量に対し、付属スプーン2~カップ1杯
使用:ビニール袋などで浸け置き、もしくは浴槽で浸け置き。20分後にブラシで擦り洗いし水で流す
注意:めっちゃゴミが出るので、浴槽で浸け置く場合はゴミが排水口に詰まらないように。

出典:コストコ通 (床掃除以下の内容)

 

 

まとめ  オキシクリーン万能すぎる件について

オキシクリーン、本当に万能すぎます。
他の方の引用が多くて申し訳ないのですが、自分も参考にしたい!というものが多すぎて、あえてブログに載せさせていただきました(✿❜◡❜❁)

私がめんどくさいなぁ~~って思ってるお掃除、全部についてオキシクリーン使えるっと興奮です(笑)
注意しないといけなそうだなぁ~っていうのが、濃度。モノによっては塗装がはがれてしまったり。。。ということがおきているようですね。コストコ通さんのご報告によれば、濃度が薄くても効果がそれなりにある!というので、初めは薄めにして加減をみてお掃除に活かすというのがいいのかもしれないですね。

普段の洗濯に入れてみると、なんだかいつもよりフレッシュな香りがしています。雑菌がなくなって元の洗剤のいい香りが浮き出てくれてるような~~~、そんな感じもうけました。

コストコの5Lって1500円って魅力的だけど、即効でほしかったのAmazonさんで(o˘◡˘o)

オキシクリーン 1500g

image

image1.5Lで送料込で1280円だったので、まぁ、いいよ!っと買いました。いつもは楽天で購入することが多いのですが、合わせ買いすると少しだけ割安になるお店もありました。【グラフィコ】オキシクリーン ご参考まで。。

もし購入したら気をつけてほしいこと。。。付属のスプーンはオキシクリーンに埋もれています。取り出す時にオキシクリーンをこぼすと粒子が細かいのでお掃除が大変になります!あしからず。。。
私、「大丈夫だろ~」って思ってテキトウに取り出そうとして大変なことになりました。

読んでくださってありがとうございます。

スポンサーリンク


↓ ランキングに参加していますv(*´∀`*)v
ポチっとありがとぉ〜♪⁎˚♫
にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る