Raburoシャンプー口コミ♪細髪でハリやコシが欲しい女子にオススメしたい!

産後、髪が細くなったとか、抜け毛が落ち着かないなど、髪トラブルを抱えてるママさん、いらっしゃらないですか??
私は産後は抜け毛にも悩まされたし、その後はパサつきやなんだか髪に元気がない、白髪がガツン!と増えたが今では一番の悩みです。
でも、もととも髪質が細くて少ない方のタイプなんです。

だから、産後の抜け毛は本当に深刻に悩んでたんですよね~~。で、ある記事を読んで、抜け毛をそのままにしておくと、細髪になって残念なことになるなんて記事を読んでこりゃまずね!って思ったのが、自宅での髪ケアの始まりなんです。

今日はその中でも髪が細くてコシがなくて悩んでる方、、、つまり私と同じような悩みを持ってる方向けにとってもおすすめなシャンプーに出会ったので、それの口コミです♪ いやぁ~~、しわやシミもそうなんだけど、髪がキレイだとやっぱり実年齢、若く見えますね。パサパサしてるとホント年取ってみえます。

産後の抜け毛で悩んでる方はこちらの記事がおすすめ♪

 

シャンプーで変わる?!って以前まではあんまり期待してなかった

正直、シャンプーで変わるの?!って半信半疑。シャンプーは髪の汚れを落とすものくらいの認識で、だから、香りがいいものがいいなぁ〜とか、まぁ、ちょっとは髪にいいものがいいか!なんてそんな程度の私。

でも、シャンプーをあなどってはいけない!!っと産後に数々利用させてもらったシャンプーでその概念は変わりました。

今日、おすすめするシャンプーは「Raburo」ラブロというシャンプー

ラブロシャンプーも赤ちゃんから使える天然由来100%のシャンプーで、子供の頃から敏感肌で悩み続けた美容師さんが開発に携わった髪に優しい、肌に優しいシャンプーなんです。

赤ちゃんにもいいから使おう!!って意気込んでるわけではないのですが、赤ちゃんに泡が触れてしまっても大丈夫、忙しくてもシャンプーしたそのままの手でも触ってもいいし、なんなら赤ちゃんもそのままシャンプーできる!というズボラ的な発想と、私の真剣な髪ケアのために使うようになりました。(*´∀`*)

肌はあまり強くない方なので石鹸でゴシゴシとか油分を落とし過ぎると肌トラブルが起きやすいので、その点でも「Raburo」の泡で肌が刺激されすぐるということはないかな〜と安心して使えます。

私、最近、思うのですよ。

赤ちゃんが使えるもの=かなり安全!!

それ、考え方安易でしょ!!!ってお叱りの声もありそうですけど、でも、赤ちゃんのものは、シャンプーでも食べ物でも限りなく人に優しい作りだなぁ〜〜と感じることが多いのです。大人はそれじゃ物足りないと思うのだろうけど、それで事足りるようになるとより健康になれたりするのかなと思ってます。だって、赤ちゃんの味付けとかって本当に薄味ですもんね。

ですが、大人が赤ちゃんシャンプーを使うのって、汚れがちゃんと落ちてるの?って心配もあるから、まぁ、これは逆の発想で、大人のシャンプーでありながら、赤ちゃんも使える!っていうこの「Raburo」ラブロシャンプーのようなものがありがたいです。

 

 

美容師さんも触って感じた!「あれ?髪、増えました??」

ずっと「haru」というシャンプーをここ1年くらい使っていたのですが、もともとシャンプージプシーな私、この「Raburo」ラブロのシャンプーが気になり始めてしまって、初回ですが、これ!!美容師さんも「なんだか髪、増えました??」って聞いてくるくらいの効果ありのシャンプーなんです。

 

「Raburo」ラブロ 髪が増えるのはエルゴチオネイン成分に関係あり?!

敏感肌の人にも使える優しいオーガニックなシャンプーですが、私が注目したのは「エルゴチオネイン」という成分。その「エルゴチオネイン」いう成分が髪に1本1本を膨らませて元気にしてくれるっていうんですよ。

それバルーン効果っていうみたいなんですけど、年齢とともに髪が細くなったり、量も減ったりするのを、実際には髪の量が増えたわけじゃないんだけど、1本1本が太くなるおかげで、増えたように見えるという、、、(´∀`)

産後の抜け毛は落ち着いたものの、やっぱり以前より元気もないし、ツヤもない、もともと髪の量も多くないのに産後の抜け毛で少しは回復したけど、でも、前より減ったなぁ〜って思っていたんです。

髪の悩みといえば白髪もそうですが、年齢とともに髪のボリュームも気になるところで。

そんな時に目に入ったのが「Raburo」ラブロシャンプーでしたー。

ボリュームがなくなったり、元気がなくなった髪でペシャンとなりがちだった髪も根元の立ち上がりがよくなったり、うねりやクセが強い髪もまとまりがよくなったりと髪が整いツヤ感もアップするというじゃないですかぁー。

パサついた髪も潤いを吸収してまとまりやすいとのこと。

髪を中から元気にしてくれる、こりゃいいね!って思ったわけなのです。

「Raburo」ラブロ はめっちゃごだわりのあるシャンプー&リンス

開発者の方は子供の頃から敏感肌、美容師になってからもシャンプーでの肌トラブルで悩まされていたこともあって、とにかくこだわりなすごいのです!

1, 「硫酸系」「スルホン酸系」界面活性剤は100%不使用

界面活性剤にも色々種類がありようなのですが、その中でも「硫酸系」や「スルホン酸系」の界面活性剤が一切使用。

洗浄力が強すぎたり浸透力がありすぎると肌を守る油分が奪われたり、また、肌の奥に浸入して細胞を壊すことにつながる成分を避けたいという思いやりです!

硫酸系やスルホン酸系は洗剤などに使われてることが多いみたいなんですけど、洗浄力が強いとやっぱり手荒れだったり肌トラブル引き起こしますよね〜〜。

2. 肌と同じ成分を配合

「Raburo」ラブロは、アミノ酸系の界面活性剤「ココイルグルタミン酸TEA」と洗浄力の高い天然成分を絶妙なバランスで配分して、油分を落としすぎず、肌に潤いを保ちながら不要な汚れを落とすことができるシャンプーなのです。

3. 肌に優しい水を使用
肌の弱い人は水を使い続けれだけで手荒れするんたそう。そんな肌の状態を守るためにを水さえもこだわっています

4. ノンシリコンシャンプー

ノンシリコンシャンプーってよく聞くけど、どこがどういいの?って思ってました。やっとわかりました!

「ジメチコン」と呼ばれるシリコン類は水や油に強かったり、保湿効果も高かったり、コーティング力の強いのです。だけど、そのシリコンが実は髪や頭皮に悪影響を及ぼす原因なんだそうです。

5. パラベンなどの防腐剤不使用

パラベンは人体のホルモンの働きを狂わせてしまう危険な添加物なんだそう。特に妊娠中の女性や小さな子供が使うと健康被害を及ぼすリスクがあるので注意なんだそう。
日本の化粧品や歯ブラシ、シャンプーにはパラベンなどの防腐剤が使われてることが多いですが、ラブロはフェノキシエタノールでボトルを洗浄することで菌の繁殖を抑えているんだそう。

6. 合成香料を使わない
多くのシャンプーやコンディショナーの香りは合成香料で石油由来で毒性が強く肌によくないのだそう。
だけど、Raburoラブロは、天然成分だけでは心地よくなる香りに作られてます!

「Raburo」を1本使いきった感想

もうすぐラブロの一本目が使い終わりそうです。ほぼ一本使いきっての感想としては、リピしたいくらいいい商品でした。
特に「エルゴチオネイン」の効果なのかなぁ〜〜、髪1本1本が強くなった感じありです。コシが出てきた感はかなりありです。
以前までは髪の毛も細く、コシも弱かったので、髪の毛を伸ばすことに年々抵抗があったけど、現在、髪を伸ばしてみようかなぁ〜〜っと思ってます。
最近、髪の長い素敵な女性との出会いあり、ロングも素敵だなぁ〜っと。

 

まとめ

「Raburo」ラブロシャップー、本当におすすめです。
商品が合わない場合は15日間全額返金保証もあるから、安心です。
購入はぜひ定期便がおすすめです!!

私も定期便で購入しました。
通常価格が8000円 → 3980円でお得な上に、

定期便購入でも、電話一本で簡単にストップできるのです!
(実は購入後に別のシャンプーHaruが見つかって、あちゃ〜っと思って、次の定期便を止めてもらいました。本当に電話一本でストップできましたよ! とっても親切対応です。)

単品購入だと4480円なんですね。

シャンプーとリンスで、3980円×シャンプ1,リンス1 =7960円 なんで、市販のシャンプーよりはお高めなんですけどね、美容院でトリートメントとかそういうことをしなくても、ツヤ、コシがでてくると思うとこれはこれでとても良い買い物!って思ってます。
特に髪の細い人やコシがないなど悩みのある方にはすごくオススメできる商品だと思いま〜す。

 

読んでくださってありがとうございます。

゜*:・゜。*プレセント実施中!*:・゜。*:・゜


子育ての気づきをレポートにまとめました♪
ママが一番に幸せになることが子どもや夫、家族が幸せになる理由を書いてます!
自分を犠牲にして頑張りすぎて、悩みすぎて、我慢ばかりしているあなたに読んで幸せになってもらいたいです
⇒レポートプレセントσ(*´∀`*)ニコッ☆


゜*:・゜。*特集まとめ記事*:・゜。*:・゜
自分のことを大事にすることで子供がすくすく育つ考えまとめ
スポンサーリンク
↓ブロガーさん達はすごいです!是非参考に(*´∀`*)
ワーキングマザー育児ブログランキング
2015年4月~16年3月生まれの子ブログランキング
40代主婦ブログランキング

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る