【恋あた】最終回あらずじネタバレ感想。まこっちゃんロス続出?!

この恋あたためますか

ついについに12/22(火曜)22時~、キキ(森七菜ちゃん)の恋の決着がつきました!!

果たして、浅羽社長(中村倫也さん)を選んだのか、、、まこっちゃん(仲野太賀さん)を選んだのか、、、、

放送日当日は「まこっちゃん」というキーワードがトレンドになり「恋あた」の人気の高さが伺えましたね。

スポンサーリンク

この恋あたためますか最終回(10話)あらずじ&ネタバレ

新谷(仲野太賀)の想いに応えて返事をしようと思った矢先、突然現れた浅羽(中村倫也)から思いを告げられた樹木(森七菜)。

樹木、浅羽、新谷、里保(石橋静河)それぞれの気持ちが交錯し、運命のクリスマスがやってくる……。

TBS 恋あたHPより)

いつもはもうちょっと番組HPのあらずじも多かったりするんだけど、今回はクライマックスだけに、情報少なめでした。

【恋あた】最終回(10話)ネタバレ感想!四角関係はどうなった?

さてさて、みんなが気になる最終回!!

第9話のラスト、まこっちゃん(仲野太賀)にクリスマス一緒に過ごすか返事をする樹木(森七菜)の前に自分の本当に気持ちに気づいた浅羽(中村倫也)が現れ、自分には樹木が必要だ!と涙の告白をする。というところまででした。

第10話は樹木(森七菜)がルームメイトのスー(古川琴音)に浅羽社長に告白されたことを相談するシーンからはじまります。

どちらにも返事をしていない樹木。浅羽への気持ちを捨て去ろうと頑張ってきた樹木だったけれど、浅羽の告白によって、樹木は自分の本当の思いが抑えられなくなります。

そして、まこっちゃんに「ごめん、私、社長が好きです。だから…ごめんなさい…」と正直な気持ちを打ち明け、浅羽社長のところへ向かう。

樹木の気持ちを受け止めた浅羽も樹木に会いに向かい、二人は巡り合った橋の上で出会います。

浅羽は樹木を捕まえるかのように抱きしめて「いつの間にか君が、俺の日常の一部になってた。好きだ」と、改めて告白。それに対して樹木が「悪いけど社長、私の方が百万倍社長のこと好きだよ。自分でももういつからかわかんないけど、ずっと社長のこと好き。社長が好きになる前からずーっと」と笑顔で伝える。

気持ちを確かめあった二人は橋の上でキス。二人は最終回でようやく結ばれる!という結末でした!!

恋あたの四角関係は?

ドラマの中盤に里穂さんが浅羽とよりを戻したり、まこっちゃんが樹木に告白したりと、四角関係な恋愛模様でしたが、里穂さんが浅羽の気持ちに気づいて、好きなのに交際を解消してしまったり、まこっちゃんもラストでは「樹木ちゃんの幸せが俺の幸せ」と樹木の浅羽への思いを後押し。

ドラマでは終始まこっちゃんと里穂さんがめっちゃいい人すぎて、ぜんぜんドロドロ感なく爽やか!!!里穂さん×浅羽、まこっちゃん×樹木、というカップルでもハッピーエンドだよね?!と思ったり。

だから、シングルクリスマスになった二人、いい人過ぎて「二人には幸せになってほしい!」という声も多かったドラマですね。

私もみていて、とても応援したくなる二人でした。

特に最終回、まこっちゃんが樹木から「社長が好き」と自分とのことを断られるシーンは涙なしにはみられなくて、

なかなか話を切り出せない樹木にまこっちゃんが「拓にぃとクリスマス過ごしたい。そう言おうとしたんだよね」と樹木の気持ちを代弁して自ら言っちゃう。

「しっかりしろよ。話があるから呼び出したんだろ?ならひるむなよ。俺なんかに気ぃ使うなよ。樹木ちゃんの本当の気持ち、ちゃんと聞かせて」と。

樹木が涙をながしながら「社長が好き」だと本音を打ち明けると「拓にぃのところに行きな。樹木ちゃんの幸せが俺の幸せだから」と笑顔で送り出すところは、ホントにまこっちゃんの性格の良さがめっちゃよく出てる。ホント、泣けちゃうシーンでした!

もうこのシーンは泣いちゃうよね!

スポンサーリンク

以下、最終回前に書いた内容です。
予想は外れちゃったかな・・・・ 「恋あた」ストーリーのあらずじ、まとめてます。

【恋あた】最終回(10話)予想!四角関係はどうなる?

最近のドラマは原作が漫画や小説なことも多いんですけど、「恋あた」は脚本神森万里江さんのオリジナルです。

ってことで、最終回についてもまったくノーインフォなのですが、これまでのドラマの展開から予想考察してみたいと思います。

この恋あたためますか。これまでのストーリーをざっくりまとめ!

まず、途中から観た方のためにも、これまでのドラマの内容のおさらいをしてみましょう~~。

ある日、樹木がバイトとして働くコンビニチェーン「ココエブリ」の浅羽社長と出会います。

樹木はスイーツ批評をSNSで趣味で投稿していたことがきっかけで、浅羽社長の目に止まり、ココエブリのスイーツ課に入り、コンビニスイーツ作りに携わるようになる。

浅羽社長演じる中村倫也さんの役どころは外資系企業で輝かしい経歴の持ち主。会社から業界シェア最下位のコンビニチェーン改革を任されて社長に就任する超エリート。

スイーツを愛する樹木とコンビニ立て直しを担う浅羽社長との間にはそれぞれの立場からの主張が交錯して対立するシーンも多い二人ですが、コンビニスイーツの開発を通して、次第にお互いを意識しあい、惹かれ合っていくというのが本筋。

そして、そのサブストーリーとして、新谷誠(まこっちゃん演じる中野太賀さん)は企業パティシエとして一緒に樹木と働く。樹木と一緒にスイーツ作りを共にしていく中で、樹木の前向きさや明るさに惹かれていく。

また、樹木と同じスイーツ課の北川里穂(石橋静河)は実は浅羽社長の元恋人として、ストーリー中盤で浅羽社長とよりを戻す。

「恋あた」はコンビニチェーンのスイーツ開発を通して四人の恋心が交錯するラブストーリー。第8.9話で浅羽社長が「自分の本当に気持ち」に気づいて樹木との距離を縮めていくという展開・・・。

この恋あたためますか。最終回のストーリー予想考察!

この恋あたためますか 相関図

これまでの「恋あた」のストーリーや登場人物をみていくと、ホントどの人物もめっちゃいい人ばっかりなんですよ。

恋のライバルだった、浅羽社長の元恋人だった里穂さん(石橋静河さん)もめっちゃいい人で、8話の最後で浅羽社長の気持ちを察して、好きだ!とわかったので自分から別れを切り出してしまいます。そして、9話では樹木が里穂に遠慮していることに築き、(浅羽社長への想いがダダ漏れしているよ!って気持ちを後押ししちゃたり・・・

そして、まこっちゃん(仲野太賀さん)。彼は本当いつも樹木のことを応援して、樹木の気持ちを一番に考えてくれる優しく人。9話でも浅羽社長とのデートいってきなよ!と後押し。一ミリも迷わず自分を選んでほしいから自分の気持ちを確かめてきて!って、浅羽社長とのデートを送り出す。

めっちゃいい人すぎるやろ!!!

だから「恋あた」って里穂さん、まこっちゃんが本当にいい人過ぎちゃってみてる視聴者感情としては、王道のハッピーエンドが好きなのに、王道から外れたくなるくらいサブキャストを応援したくなるドラマなんですよね~~~。

とはいえ、9話ラストで「君が必要なんだ!」といつもクールな浅羽社長(中村倫也)が樹木に本心を伝えたシーン、これは観てる視聴者もドキドキさせられましたね。

これまでのストーリーや人物の性格から行って、これは間違いなく王道のラブストーリー。メインの二人がハッピーエンド!!!なる予感しかない。

とはいっても、ドラマ1時間だからね、9話の最後のシーンで「はい!付き合います」とはならないはず。

きっと、樹木は最終回はじめのシーンでは、まこっちゃんを選ぶんじゃないかなと予想。でも、まこっちゃんがいい人すぎるからね、最終的にはキキの気持ちを察して、ラストは浅羽社長と結ばれる・・・という展開がストーリーの最終予想です。

みなさんはどんなラストを期待しますか??

【恋あた】最終回後はまこっちゃんロス?

最終回、番組放送中にまこっちゃんがトレンド入り。

まこっちゃんが言い過ぎて、もう第9話からまこっちゃんブームが続いていました!!!

やっぱりまこっちゃんロスはじまってる~~~!!

スポンサーリンク

【恋あた】最終回まとめ

恋あた最終回、予想・・・は外れちゃいましたけど、めでたく樹木(森七菜)と浅羽社長(中村倫也)が結ばれてハッピーエンドでしたね!

コンビニの店長スタップはじめ、スイーツ化の人たち、キャストがみんないい人っていうのが、このドラマの特徴でしたよね。

終始温かい雰囲気の伝わるドラマだったなぁと思います!

「恋あた」ロス、森七菜ちゃんロス、最終回でまこっちゃんロスもはじまってますね!

今年はいろいろなことがありました。甘いものは人を幸せにします。

ドラマの最後での語りかけですが、今年はコロナで世の中が大変なことになりましたが、人のつながり、協力、そして「甘いもの」が幸せな気持ちにさせてくれましたよね。

また特別編とかやってくれたら嬉しいですよね~~♬

読んでくださってありがとうございます。

スポンサーリンク

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

記事をよんでくださりありがとうございます。「今日読んだよ!」って方は画像クリック応援してもらえた書く励みになります!